スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『相続』と『争族』

皆さん、こんにちは。
クロスト行政書士事務所の細谷です。

皆さんは「遺産相続」について考えたことがあるでしょうか?
しっかり考えているけどまだ行動に移していない方や、
まったく考えたことがない方などいると思います。
今回はそんな皆さんに相続というものを考えて頂きたいと思います。

行政書士という資格を取り、開業してから1番ご相談を受けていること。
それがこの相続に関する問題です。
相続で家族で争いになってしまったというご相談が本当に多いです。
これが『争族』です。

たぶんここまでのお話で、

「うちは争うほどの財産なんてないから。」

「うちの家族は仲がいいから。」

「まだ元気だから。」

と思われた方も多いと思います。
しかし、そんな思いとは別に争族はより身近なこととして起こるんです!!

では実際にどのくらい身近なことかと言いますと、
司法統計年報によると2010年度では年間約100万人の方が亡くなられています。
そのうち家庭裁判所に持ち込まれた相続関係の相談件数は、、、
なんと約18万件にもなるんです!!

しかも遺産額での統計を見てみると、
遺産総額1000万円以下の争いが約30%、
遺産総額5000万円以下の争いが約40%なんです。
つまり5000万円以下で『争族』になるケースが全体の70%にもなります!!!!

「うちは争うほどの財産なんてないから。」と思っていた方は、
相続について少し考えて頂けそうでしょうか??

特に分けるのが難しい不動産をお持ちの方は注意が必要です。
子供さんが複数いる場合にはしっかりと考えてあげて下さい。

子供さん同士の仲が良くてもちょっとしたことで争いになることがあります。
誰だって少しでも多く貰えるならそうしたいんです。
そして兄弟姉妹同士ならより自分の意見をはっきり言ってしまいます。

そこで喧嘩を仲裁するのが親の役目ですが、相続の時ばかりはどうしようもありません。
仲裁したくても、して欲しくても亡くなってしまった方にそれはできません。
このようにご両親がいるからこそ、子供さん同士が仲が良いということもあるんです。

「うちの家族は仲がいいから。」と思っていた方も、
ご両親がいるから、ご両親がいたから仲良くいられたのかもしれませんよ。

特に相続人が3人~4人となる場合には注意が必要です。
『争族』となる約50%が3人~4人の相続人の場合なんです。

それでは具体的にどのように対処したら良いのか??
これは皆さんの個々の状況で対応が変わってきます。
『相続』が『争族』にならないように、
問題が起きる前に対応しておきましょう。

主な対応方法として遺言書の作成があります。
そしてこの遺言書は元気なうちだからこそ書けるんです。

「まだ元気だから。」 と思っていた方は、
だからこそ今やるんです!!!!

ちなみに遺言書は一生に1度のものと思っている方も多いですが、
実は『何度でも』書き直すことができるんです。
知り合いの方では毎年、遺言書を書き直している方もいらっしゃいます。
これも元気だからこそできることですよね。

『相続』と『争族』いかがでしたでしょうか??
皆さんが思っている以上に、相続は身近なことです。
ご家族で1度、相続についてしっかりと話あってみるといいかもしれませんね。

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー


※注意点※
当ブログに掲載している内容は一例に過ぎず、
個々の状況により関係法令、対処方法は異なります。
ご不安な事やご不明な点は当事務所までお問い合わせ下さい。
スポンサーサイト

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

行政書士試験~その4~

皆さん、こんにちは!!
クロスト行政書士事務所の細谷です。
今回の話題は『行政書士試験~その4~』です。

過去のブログで

『行政書士試験 ~その1~』 : なぜ行政書士を目指したのか!?

『行政書士試験 ~その2~』 : どのような勉強方法を選んだのか

『行政書士試験 ~その3~』 : 実際にどのような勉強をしたのか

とご紹介してきましたが、今回はそのまとめです。
結局のところ行政書士試験とは?
何か受かるコツがあるのか??
などをお話しさせて頂きます。

まずは何度も言いますが、行政書士試験は難しいです!!
もちろんこれは僕が感じた感想でしかありませんが、
たぶん皆さんが考えている以上に難しい試験です。
そうでなければ合格率が10%程度になるわけがありません。

しかし、そんなに難しいということは合格ができないレベルの試験なのか?
と言われればそうでもないです。
しっかり勉強をすれば合格も可能という感じです。

ようするに、遊び半分で勉強をして受験しても受かるものではない。
しかし、しっかりと勉強をすれば合格ができないものでもない。
というのが正直な感想です。

実際に僕がどの程度の量の参考書を勉強したかをご紹介します。

参考書
これが実際に勉強した参考書です。
多いと思うか少ないと思うかは皆さん次第ですが、
最低限でこのくらいの量の勉強が必要です。

これを1冊につき5回~7回程度繰り返し勉強しました。
色々な本を勉強するのが悪いとは言いませんが、
愛読書を作って繰り返し勉強することでより深い理解が得られます。
1回勉強したから次の本へとは思わないで何度もやり直してみましょう。

次に勉強時間ですが、
僕は約6か月間で650時間の勉強をしました。
休みも合わせて1日平均4.5時間くらいの勉強です。
こうして考えると不可能な時間ではないんです。

それでもこの時間をしっかり勉強するのが実は難しいんです。
だんだんと甘えが出てきたり、飽きがきます。
そこでオススメがあります。

一週間の単位で1日何時間勉強したかを記録することです。
僕が実際に使っていたものをご紹介します。

勉強ログ
こんな風に
・なんの勉強をしたのか
・何時間したのか
・一週間の累計勉強時間
・これまでの総勉強時間
というように記録を取ります。

これだけでも自分がサボっているのか、それとも頑張っているのかなど、
分析をしながら一週間単位で予定を組むことができます。
そして総勉強時間を書くことでが増えていくことの喜びも意欲につながります。

行政書士を目指して頑張っている皆さんもできればこんなノートを1冊作ってみましょう。
これだけでモチベーションが上がりますよ!!

あとはしっかりとしたお休みを決めることです。
やはりダラダラ勉強してしまうのでは効率が良くないです。
しっかりとお休みを決め、そしてしっかりと勉強をすることです。

そして最後に!!
「行政書士試験を受ける!!」ということを親しい人に言ってみましょう。
人間なんて都合の良い生き物です。
秘密にしながら勉強をしているとどこかで甘えが出てきます。
まぁまぁ落ちたら来年受ければいいかな。。。なんて考えも出てきます。

そこで「今年試験を受けて絶対受かる!!」と友人や家族に言うことです。
逃げ場がなくなりますので勉強をしなくてはいけないと考えるようになります。
周りの人が支えてくれる場合、助けてくれる場合もあるでしょう。
とにかく信頼のできる人に打ち明けることです。
可能なら「受かったらこれが欲しい!!」なんていう約束をしてもらうのもいいですね。
いつもよりちょっと豪華なお願いによりモチベーションも上がると思いますよ。

こうして色々とお話しをさせて頂きましたがいかがでしたでしょうか?
行政書士試験をこれから受ける方、そして受験を考えている方など。
そんな方たちに少しでも意味のあるものになればと思います。

それではこれから行政書士を目指している皆さん!!!!
頑張って下さい!!!!

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー

テーマ:行政書士試験 - ジャンル:就職・お仕事

行政書士試験~その3~

皆さん、こんにちは!!
クロスト行政書士事務所の細谷です。
今回の話題は『行政書士試験~その3~』です。

前回では『どのような勉強方法を選んだのか??』でお話したように、
通信教育フォーサイトを使用して勉強をしました。
前回の記事は『行政書士試験~その2~』をご覧下さい。

今回はその教材を使って実際にどのような勉強をしたのか?
どのくらい勉強をしたのかをご紹介いたします。

もともと僕は法律の勉強をしていた訳ではありません。
それ以前の問題で「憲法」というものを1つも知らなかったくらいです。
だからこそ通信教育というものを選んだのです。

それでは月単位での勉強方法をご紹介します。

<1か月目>
法律の基礎を解説してくれるDVDと教材を勉強しましょう。
これも始めはまったく理解できなくて当然です。
ココでさっそくポイントが!!
「分からないのだから教材、そしてDVDなどで何度も同じところの勉強を…。」
としてしまうとまったく先に進めないんです。
それどころか同じ場所で何度もつまづいて飽きてきてしまいます。

なので「分からなくてもとにかく先へ進む!!」ということです。
これがポイントになります。
特に法律というものは1つを理解しようとしたら、
それに伴っていくつもの法律の知識が必要な場合が多いです。
まずは法律というものの全体像を把握することが重要になります。
行政書士試験科目である
「憲法」「民法」「行政法」「商法」「一般知識」を
分からないところがあってもいいので全体的に勉強をする方がいいでしょう。
この全体を通した勉強を繰り返すうちに、
「法律ってこんな感じなんだな」と思えるようになるはずです。

<2~4か月目>
法律の全体像が把握できてきたら、今度は過去問に挑戦しましょう!!
これも問題を覚えてしまうくらい繰り返し勉強します。
ここでのポイントは
「全ての選択肢の正誤をしっかりと勉強する」ということです。
問題が解けるだけでは理解できていません。

例えば問題文が4択で「正しいものはどれか?」という」問題でも、
全ての選択肢を読み、選択肢ごとに「ここが間違っている」と分かるようにします。
こうすることで、より法律を理解できるようになります。

また、2か月目くらいまでは基礎の法律の勉強も止めない方がいいです。
「今日は憲法で午前中は過去問、午後は基礎の法律の勉強」
というようにすると復讐もできるのでより効率的です。

<5か月目>
このくらいなってくるとしっかりと勉強している人は、
過去問もある程度スラスラ解けるようになっていて自信がついてくるでしょう。
ということで模擬試験を購入して是非やってみましょう!!

そこで気が付くはずです、、、自分の持っていた自信なんて幻想だったことに。。。
法律ってもの凄く範囲が広く、奥が深いんです。
4か月程度の勉強ではスラスラ解けるレベルではないんです。
そのくらい最近の行政書士試験は難しくなってきています。

しかし、模擬試験をやってみると分かることもあるはずです。
そう!!記述式の配点がビックリするくらい大きいんです。
やはり短期間の勉強で一発合格するには記述式の攻略が必須になってきます。
3問の記述式のうち、最低2問は取らないと合格は見えてこないでしょう。

なのでここ1か月間は勉強量を増やして
午前に過去問、午後に基礎勉強(または過去問)、夜に記述式
というようにとにかく記述式を解けるようなるよう頑張りましょう。

<6か月目>
最後の1か月、、、ここが正念場です!!
基礎勉強、過去問、記述式、模擬テストと色々勉強してきました。
それをとにかく反復して勉強しましょう!!!!
問題を解いていて小さな疑問があったらとにかく調べましょう。
とにかく受かることを信じて勉強を続けるしかありません!!!!

<注意点>
ちなみに行政書士試験を受けるには決まった日程に受付をしなければいけません。
毎年11月の試験で、8月頃から約1か月間の受付期間があります。
この受付を忘れているとどんなに勉強をしても受験できません。
稀に勉強に必死で忘れてしまう人がいるようなので気を付けて下さい。

次回はついに行政書士試験というテーマの最終回!!
勉強をする時、実際の試験会場でのワンポイントアドバイスなどをご紹介します。
それでは『行政書士試験~その4~』をお楽しみに!!!!

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー

テーマ:行政書士試験 - ジャンル:就職・お仕事

相続・遺言・帰化の無料相談実施中!!

皆さん、こんにちは。
クロスト行政書士事務所の細谷です。

最近はすっかり夏になってきた大阪です。
気温も30度を超す日が多く、
スーツを着て色々な場所に行くのがかなりキツイです。
それでも「見た目」にこだわってしまう僕ですので、
行政書士たるものビシッとということで!!
クールビズにならずバッチリスーツを着ております。

さて!!今回は「無料相談会」実施のお知らせです。
僕が所属している大阪府行政書士会の阿倍野支部では、
毎月1回行政書士による無料相談を実施しています。

ご相談内容は『遺言書、遺産相続、帰化』に関することです。
無料相談ということでお一人20分程度の時間しかとれず、
詳細までお答えすることができないこともありますが、
まずは問題解決の第一歩となれるようにご協力させて頂きます。

興味のある方は下記のホームページ、
または直接区役所にお問い合わせ下さい。

・平野区役所:毎月第1・火曜日 13:00~15:00
・阿倍野区役所:毎月第2・水曜日 13:00~15:00

※時間など変更がある場合がございますので各区役所にお問い合わせ下さい。

→ 平野区役所ホームページ

→ 阿倍野区役所ホームページ

僕はまだ阿倍野支部に入会して間もないので、
相談員としてではなくアシストとしてですが参加しております。
見かけることがありましたらお気軽に声をおかけください。
暑い中でもバッチリスーツ姿で頑張っていますよ!!

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

行政書士試験~その2~

皆さんこんにちは。
クロスト行政書士事務所の細谷です。

今回の話題は『行政書士試験~その2~』です。
合格率が約10%で難関と言われている行政書士試験ですが、
僕がどのような勉強方法を選んだのかをご紹介させて頂きます。

前回の「なぜ行政書士試験に挑戦したのか!?」をご覧になりたい方は
『行政書士試験~その1~』をご覧下さい。


何はともあれ行政書士で本当に良いのか、成功できるのか…。
なんて考えていても前に進まないのでとりあえず勉強して資格を取得しよう!!!!
と考えさっそく試験対策の本を買いに近くの本屋さんへ行きました。
「そんな本置いてるのかな?」なんて不安に思っていたのですが、、、
あります!!あります!!!!いっぱい並んでいます!!!!!!
今まで興味がなく見えていなかっただけでビックリするくらいの種類がありました。

色々な本を見てみましたが、
だいたいどの本も凄く大きな違いは無く過去問を中心とした作りでした。
本屋さんには悪いですがちょっと立ち読みしながら本を選んでみることに。。。

そして一言、、、、、「まったく分からない!!!!!!」

それはそうですよ。。。
今まで高校、大学と理系で過ごし、
現在まで法律なんて気にしたことがなかったですし、
日本国民だというのに日本国憲法すらほぼ知らない状況でした。
ということで「これを読んで分かるようになる気配がしない」という感じがしました。
正直、本を見て始めてもいない勉強に挫折してしまいそうになりました。
その日はあまりに難しそうな資格に気持ちも落ちてしまい本も買わずに帰りました。

その後、なんでも挑戦してみなくては分からないという気持ちが復活して、
インターネットを使って行政書士の勉強方法をしっかり調べてみました。

そして僕が選べる選択肢は3つ!!

1)参考書など本を購入して、とにかく頑張って独学で勉強する。

2)1)より費用はかかるが、通信教育などで教材などを購入して勉強する。

3)費用にこだわらずに学校に通う。

まずは1)の完全独学に関してはすぐに却下しました。
そう、、、本屋さんでかなり痛い目にあったので僕には無理です…。

迷うのは2)、3)ですが、、、
やはり3)は拘束時間も長くなるのと費用もかなりかかります。
ちょうど妻が妊娠、そして出産の時期だったのでなるべく側に居たい。
そんな思いもあり2)通信教育で勉強に決めました。

そうと決まったら行動は早いですよ!!!!
ネットで口コミなど調べまくり調査を開始しました。

結果、「ユーキャン」、「フォーサイト」という2社のどちらかが良さそうです。
とりあえず体験してみないと内容が分からないということで、
無料の体験版というものを頼んでみました。

その結果、

『フォーサイト』で受講することに決めました。

とにかく体験版の申し込みに対する対応の早さや、
フルカラーの教材で読みやすいなどが最高でした。
教材だけではなく、勉強方法の講義やインターネットを使った補講も充実しています。

僕は別に、ここの会社の回し者ではありませんが、
この通信教育で半年の勉強をして受かったのは確かです!!!!
もちろん 自分に合う、合わないはあると思いますが、
悩んでいる方がいたら是非見てみて下さい。

ただし、ここの通信教育の注意点としては、
行政書士試験で100点を目指すという方針ではありません。
『行政書士試験で合格ラインを目指す』という方針です。
このへんは理解しておいた方がいいかもしれません。
それでも試験で100点を目指すなんて半端じゃない努力と時間が必要です。
それは試験に合格してから知識を増やすためにやった方が良いかなと思います。

通信教育フォーサイト
フォーサイト


勉強方法も決まったところで、
次回はついに実際どのように勉強したのかをご紹介いたします!!

それでは『行政書士試験 ~その3~』をお楽しみに!!!!

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー

テーマ:行政書士試験 - ジャンル:就職・お仕事

プロフィール

クロスト行政書士事務所

Author:クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所は大阪市平野区喜連瓜破駅から徒歩7分の遺言書、遺産相続、生前契約、終息活動などの相続に関するサポート専門の行政書士事務所です。プロの専門家があなたの抱える問題を解決いたします!!

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。