スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始休業のお知らせ

皆さん、こんにちは。
クロスト行政書士事務所の細谷です。

クリスマスということで、
世の中はイルミネーションや陽気な音楽に溢れてますね。

うちの子供にはしっかりサンタさんが来てくれましたが、
皆さんの家にはどんなサンタさんが来てくれたのでしょうか??

ここでお知らせがあります。

誠に勝手ながら2013年12月30日~2014年1月5日まで休業とさせて頂きます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解頂きますようお願い致します。

この期間ですが、
下記の2つに関しましては受け付けております。

・メールによるご連絡とお問い合わせ

・お電話による緊急のご連絡


今年も残りあと少しとなりました。
寒くなっておりますので、皆さん風邪など引かないようにお気を付け下さい。

それでは皆さん、良いお年をお過ごし下さい。
そして今年1年、本当にありがとうございました!!

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー
スポンサーサイト

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

官民境界明示申請の測量図面作成

皆さん、こんにちは。
クロスト行政書士事務所の細谷です。

最近は天気が悪く冷たい雨が降ることが多いです。
皆さんしっかり寒さ対策はできていますでしょうか??

この度、当事務所で新たな業務が可能になりました。
まずはブログにてご報告させて頂きます。

先月11月に、無事5日間の測量研修を終えることができました。

これに伴い、

「官民境界明示申請の測量図面作成資格」

を取得することができました。

官民境界明示申請資格

それって何??
という方も多いと思いますので少しご説明を!!

まず官民境界とは公共用地とそれに接する私有地との境界です。
公共用地とは、主に道路、河川、里道、水路などのことです。

そして明示がいつ必要になるかと言いますと、

・土地の売買、分筆をする場合
・道路、里道、水路の境界が明らかでない敷地で建築確認を申請する場合
・市有地に接している土地で新築や増築を行い、塀などを設置する場合
・境界が不明で土地境界確定をする場合
・相続の発生で土地を取得したときで土地活用をする場合

など色々な場合があります。

では、実際に大阪府でこの明示をするためには、
どのような手続きが必要になるかと言いますと、

・境界確定協議依頼書を大阪府へ提出

・現地立会協議

・測量

・境界確定図案の作成

・大阪府へ確定図案のチェック依頼

・境界確定図の作成

・関係者が境界確定図に押印

・大阪府へ承諾押印済境界確定図の提出

・境界確定通知書の受領

という長い道のりが必要になります。

もちろん測量をやられたことがない方が、
いきなり機械を借りてきて作業を行うのは不可能です。

この測量だけではなく、
測量したデータから図面を作成することも必要となります。

この面倒な手続きを当事務所でサポートできるようになりました。
遺言、相続と合わせて、お持ちの土地などについてもご相談下さい。

「すぐにでも相談したい!!!!」という方はお電話にてお問い合わせ下さい。
皆さまからのお問い合わせに笑顔で対応させて頂きます。

もちろん今後、ホームページに詳細を掲載予定です。
興味のある方は是非見てみて下さい。

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー


※注意点※
当ブログに掲載している内容は一例に過ぎず、
個々の状況により関係法令、対処方法は異なります。
ご不安な事やご不明な点は当事務所までお問い合わせ下さい。

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

民法900条の改正

<民法の改正>

平成25年12月5日に民法の一部を改正する法律が成立しました。

これにより

摘出でない子の相続分が嫡出子の相続分と同等

になりました。(同月11日公布・施工)

下記の下線部が削除された部分です。

民法900条
同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。

1.子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする。
2.3.(略)
4.子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。
  ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の2分の1とし
  父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、
  父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。

新法が適用される相続については、
平成25年9月5日以後に開始した相続です。

また、平成13年7月1日以後に開始した相続についても、
既に遺産分割が終了しているなど確定的なものとなった法律関係を除いては、
嫡出子と嫡出でない子の相続分が同等のものとして扱われることが考えられます。

<具体的な例>

・配偶者(妻または夫)、嫡出子1名、嫡出でない子1名
・相続財産は1200万円

― 改正前 ―

相続分は
・配偶者が2分の1=600万円
・嫡出子が6分の2=400万円
・嫡出でない子が6分の1=200万円

- 改正後 -

相続分は
・配偶者が2分の1=600万円
・嫡出子が4分の2=300万円
・嫡出でない子が4分の1=300万円

以上のようになりました。

詳細は下記の法務省ページ、裁判所のページをご覧ください。

・法務省のページ    ・裁判所のページ

当事務所では遺言、相続に関するサポートを専門としております。
何かお困りのことがありましたら当事務所までご連絡下さい。
皆さまからのお問い合わせに笑顔で対応させて頂きます。

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー


※注意点※
当ブログに掲載している内容は一例に過ぎず、
個々の状況により関係法令、対処方法は異なります。
ご不安な事やご不明な点は当事務所までお問い合わせ下さい。

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

遺言書の有効性と必要性

皆さんこんにちは。
クロスト行政書士事務所の細谷です。

12月に入り、忘年会シーズンとなりました。
嬉しいことに色々な忘年会に誘って頂いています。
その分、飲みすぎ&食べ過ぎには気をつけないとですね。。。

ここまで遺言書について色々なお話をさせて頂きました。
※ 興味のある話がある方は下記のリンクをクリックして下さい。

遺言書の種類』、『遺言書を書く前にやっておくべきこと

誰が相続人なのか』、『遺留分(いりゅうぶん)とは

自筆証書遺言の書き方』、『公正証書遺言の書き方

上記の話で遺言書についてある程度の知識ができたと思います。
今回はその遺言書をどんな使い方をすれば有効性があり、
どんな方にとって必要性があるのかをお話いたします。

まず遺言書の有効性として、

・法定相続分では不十分なところを補い、財産を思ったように相続させることができる

ということがあります。

ご両親からすれば子供はみんな可愛いですが、
それでも一緒に暮らして最後まで面倒を見てくれた子に少しだけ多く財産を渡したい。
そんな風に思っても当然だと思います。

ここで遺言書を作成して渡す財産や割合などを決めておけば、
実質的にご両親の考える平等な相続が可能となります。

兄弟姉妹が疎遠だったりすると争いのもととなる遺産分割協議ですが、
これも遺言書があることで協議自体しなくてすむので、余計な争いを回避することができます。

このようなお話をさせて頂くと、必ずと言っていいほど
「うちは子供が1人だけだから」、「兄弟姉妹が仲が良いから」と言われます。

しかし、そんな方たちにも遺言書の作成をオススメしております。
それはなぜか!?!?

理由は簡単!! とにかく相続の手続きが楽になるからです!!!!

人が亡くなった時の各種手続きと期限』でお話をしたように、
誰かが亡くなると色々な手続きが必要になってきます。
そしてその手続きには期限が決まっているものがあります。
この期限を過ぎてしまうと、控除を受けることができずに無駄な出費となることがあります。

この時、遺言書があると手続きが簡単に済むことが多いです。
子供孝行とまではいかないかもしれませんが、
子供へ最後のプレゼントとして遺言書を作成しておいてあげるのはいかがでしょうか?

次に遺言書の必要性ですが、
子供のいないご夫婦で、兄弟姉妹がいる方にとって遺言書が必要となる場合が多いです。

夫婦2人で家と土地を購入してのんびり暮らしていたとします。
ここで夫婦のどちらかが亡くなられた場合、
子供と両親がいない場合で兄弟姉妹がいる時にはその兄弟姉妹が相続人になります。

この時に遺言書がなく、兄弟姉妹が「私の相続分は??」
なんて言われた時を考えてみて下さい。

土地や建物以外に現金があれば良いですが、
無い時には土地や建物を売って相続分を払わなければいけなくなることがあります。

つまり、

愛する配偶者のために財産を確保してあげることができる

ということです。

これにつきましては『夫婦でする遺言書』にも詳しいことを話ています。
興味がある方は確認してみて下さい。

こうして色々とお話をしてきましたが、
皆さん遺言書の有効性と必要性についてご理解頂けましたでしょうか??

それでもやはりまだ遺言書を作成する気になれない方や、
ご両親に遺言書のお話をしにくい方も少なくないはずです。

まだまだ遺言書を作成することが盛んではない日本ですので、
なんだか嫌というのも当たり前のことです。

そんな方はまず『エンディングノート』というものを作成することをオススメします。
エンディングノートについての詳細はまた次回お話させて頂きます。

そして当事務所では遺言、相続に関するサポートを専門としております。
何かお困りのことがありましたら当事務所までご連絡下さい。
皆さまからのお問い合わせに笑顔で対応させて頂きます。

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー


※注意点※
当ブログに掲載している内容は一例に過ぎず、
個々の状況により関係法令、対処方法は異なります。
ご不安な事やご不明な点は当事務所までお問い合わせ下さい。

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

プロフィール

クロスト行政書士事務所

Author:クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所は大阪市平野区喜連瓜破駅から徒歩7分の遺言書、遺産相続、生前契約、終息活動などの相続に関するサポート専門の行政書士事務所です。プロの専門家があなたの抱える問題を解決いたします!!

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。