スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未成年の子どもがいると相続が大変!?!?

皆さん、こんにちは。
クロスト行政書士事務所の細谷です。

今回の話題は

『未成年の子どもがいる家族必見!!』
  ~ じつは大変な相続手続き ~


ということで、未成年のお子さんがいる家庭の方にはぜひ!!
知っておいて頂きたいお話です。

相続対策というと

・ご年配の方 ・相続財産が多い方

などのイメージが強いと思いますが、実はそれだけではありません。

では!!
具体的にどのような場合に関係してくるのか考えてみましょう!!

考えたくもない、そして考えられないという方も多いと思いますが、、、
万が一は誰にでも起こり得ます。

そこで、

『万が一、配偶者(妻または夫)に何かあった場合』

を考えてみて下さい。

残された配偶者とお子さんは悲しみにくれていると思いますが、
相続の手続きというものが必ず必要になってきます。

例えば、銀行の口座一つにしてもそうです。
口座名義人が死亡した場合、銀行口座は凍結されます。
つまり、お金を引き出すことができなくなります。

持家や分譲マンションを購入している場合、
その名義変更なども必要になるでしょう。

これが何も準備がない場合、どうなるかご存知でしょうか??

① 配偶者の死亡により相続が発生

② 全ての財産は法定相続となり、相続人全員の共有となる

③ 遺産分割協議により、「誰が」「何を」相続するか決定
 ※ 相続人全員の承諾と印鑑(実印、印鑑証明)が必要

こんな手続きが必要になります。

しかし!! 未成年の子供がいる場合は・・・

未成年の子どもは単独で法律行為をすることができません。


つまり、1人で遺産分割協議に参加することができないんです。
未成年者の法律行為には代理人が必要です。

ではこの代理人は誰がなるのか??
通常、親権者がなるものですが相続の場合にはなれません。

なぜかというと、

親:相続人 子ども:相続人

という場合、親が子どもの代理人になってしまうと、
親は自分の相続人という立場、そして子どもの相続人という立場
ということになります。

このように利害関係が対立してしまうのです。

では、どうするのか!?!?

家庭裁判所に特別代理人を選任しなくてはいけません。

さて、ここまで話を聞いてどう思いましたか??
「なんだか難しい話で・・・」
と思った方も多いのではないでしょうか????

その通りです!!難しい話になるんです!!!!
これを残された配偶者が悲しみの中でしなくてはいけないんです。

逆にこれをしなければ銀行のお金は使えないし、
他の財産の名義変更などもまったく進まないということです。
これって本当に大変なことです!!

ではどうすれば良いのか!?!?
皆さん1人1人の家族関係があるので、
ここで一概に「こうすれば大丈夫!!」とは言えません。

それをしっかりと解決するために僕ら専門家がいます。

「私、ちょっと心配になってきた。。。」
「俺も少し考えておいた方がいいのかな??」

などと思ったご両親は是非、当事務所までご連絡下さい。
あなたに合わせた対応策を考えさせて頂きます。

このように、まずは『正しい知識』を知ることからはじめてみましょう!!!!
皆さまからのお問い合わせに笑顔で対応させて頂きます。

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー


※注意点※
当ブログに掲載している内容は一例に過ぎず、
個々の状況により関係法令、対処方法は異なります。
ご不安な事やご不明な点は当事務所までお問い合わせ下さい。
スポンサーサイト

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

プロフィール

クロスト行政書士事務所

Author:クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所は大阪市平野区喜連瓜破駅から徒歩7分の遺言書、遺産相続、生前契約、終息活動などの相続に関するサポート専門の行政書士事務所です。プロの専門家があなたの抱える問題を解決いたします!!

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。