スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦でする遺言書

皆さん、こんにちは。
クロスト行政書士事務所の細谷です。

今回は遺言書についてお話したいと思います。
特にお子さんがいらっしゃらないご夫婦の方にオススメの遺言書です。

遺言書には色々な使い方、そして効力があります。
その中でもかなり効果的に使用できる場面があります。
それがこの『お子さんがいらっしゃらないご夫婦』の場合です。

相続は遺言書が無い場合には法律で決められた方法で分割されます。
妻や夫がいる場合、まず妻や夫に財産が与えられます。
そして
・お子さんがいる場合にはお子さんに財産の2分の1
・お子さんがいなくご両親がいる場合には財産の3分の1
・お子さん、ご両親もいなく兄弟姉妹がいる場合には4分の1
という具合に分けなくてはなりません。

この財産の分割がお子さん、ご両親の場合には特に問題が無いことが多いのですが、
兄弟姉妹の場合にはよく問題となります。

<例>
仲良く自分達で購入した家に暮らしているご夫婦がいらっしゃいました。
特に裕福という訳ではありませんでしたが、
お子さんもおらず、家もあるのでのんびりとした生活をおくっていました。

そんな生活をしていたある日、不慮の事故で旦那さんが亡くなってしまったのです。
もちろん奥さんは悲しみに涙しましたが…。
ここから追い打ちをかけるように悲しい出来事が起こりました。
夫の兄が「相続分をよこせ!!」と言ってきたのです。

旦那さんのご両親はすでに亡くなっており、夫の親族は兄の一人です。
この場合、遺言書が無かったので相続の分割はというと、
・妻へ財産の4分の3 ・兄へ財産の4分の1
ということになります。

こうして何分の何という数字だけを見てしまうと、
「なんだ、4分の1だけ兄にあげればいいんでしょ??」
と思う方も多いと思いますが、財産が不動産だけだとこれが大変です。

<例>
相続財産が不動産のみの場合
・土地:1500万円
・建物:500万円
だったとすると合計財産は2000万円になります。
この4分の1を兄に渡さなければいけません。
つまり500万円分を兄に渡すことになります。

こんな時に「分かりました!!」と渡す現金があれば良いのですが、
不動産のみの財産だった場合にはこれがどうしようもないことがあります。
コツコツと老後の為に貯めた資金を渡せば暮らすこともできなくなります。

このような事で今まで夫婦で仲良く暮らしてきた家を売り、
そのお金を兄の相続分として渡さなくてはならず、
奥さんは賃貸アパートに引っ越して暮らしているということがあります。

では!!これをどうやって防ぐことができたのでしょうか??
それは「遺言書を書くこと!!」です。
夫が妻に、妻が夫に「財産は全て夫(妻)に譲る」と書いておけば良かったのです。
これだけで兄の取り分は無くなり、このような悲しいことにはなりませんでした。

もちろん遺言書だけでは解決できない場合も多いですが、
遺言書は有効に利用すればかなり効果的です。
逆に遺言書を書かないと例のように大変なことになる場合も少なくありません。

遺言書 = 縁起が悪い、考えたくない、話に出したくない

という考えだけでなく、
核家族が増え、親族間でのやり取りが少なくなってきた現代だからこそ!!
この遺言書を有効に活用していくことが必要だと考えています。

上記は一例でして、全てがこのように遺言書だけで解決できるものではありません。
遺言書も法律の規定に沿って書かなければ無効になる場合もあります。
分からないことや不安なことがありましたら是非ご相談下さい。

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー


※注意点※
当ブログに掲載している内容は一例に過ぎず、
個々の状況により関係法令、対処方法は異なります。
ご不安な事やご不明な点は当事務所までお問い合わせ下さい。

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

プロフィール

クロスト行政書士事務所

Author:クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所は大阪市平野区喜連瓜破駅から徒歩7分の遺言書、遺産相続、生前契約、終息活動などの相続に関するサポート専門の行政書士事務所です。プロの専門家があなたの抱える問題を解決いたします!!

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。