スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政書士と行政書士有資格者の違い

皆さん、こんにちは。
クロスト行政書士事務所の細谷です。

Facebook、mixi、twitter、google+と色々やっている僕ですが、
その中でよく「行政書士会」や「阿倍野支部」などといった言葉が出てきます。
今回はその行政書士会について少しお話したいと思います。

上記SNSに興味のある方はぜひ見てみて下さい。
「いいね!」や「フォロー」ももちろん大歓迎です。

facebook  ・mixi  ・twitter  ・google+

実は行政書士は試験に合格しただけではこの業務を行うことができません。
これは、現在行政書士を目指している方はもちろんですが、
自分が何か業務を行政書士と思われる人に頼むときにも注意して欲しいことです。
どういうことかと言いますと行政書士法にこのような記載があります。


第三章 登録

(登録)
第六条
行政書士となる資格を有する者が、行政書士となるには、
行政書士名簿に、住所、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地
その他日本行政書士会連合会の会則で定める事項の登録を受けなければならない。


上記のように日本行政書士会連合会という会に所属して初めて業務ができるんです。
逆に言えば試験を合格しただけの方は行政書士を名乗ることも、
もちろん行政書士として業務を行うこともできません。
この時点では『行政書士有資格者』ということです。

よく行政書士試験に合格した方が、
「合格証が送られてきたけどこんななの!?!?」
っていうコメントをしているのをよく目にします。
そうなんです、、、ビックリするくらい簡単な合格証なんです。。。
実際に僕は平成24年度合格ですが、その時の実物がコレです。

行政書士試験合格証

僕自身もあのツライ勉強を乗り越え、試験に合格して、
そして送られてきた合格証がコレだった時にはちょっと凹みました。
妻も「これが合格証、、、!?!?」っていう反応でした。
でも今になって思えば、
この合格証は有資格者としての単なる証書なのでしょうがないのかなという感じです。

そして日本行政書士会連合会に登録が完了するとしっかりとした登録証が頂けます。
これがその実物です。

行政書士会登録証

登録証だけでなく、金看板と呼ばれるカッコイイ看板まで頂けるんです。

金看板

こうして初めて行政書士となり、業務を行うことができるんです。

僕はまだお会いしたことがありませんが、
この行政書士会に登録をせずに行政書士を名乗って業務を行う方もいらっしゃるみたいです。
もちろんそれは違反行為です。

「なんだかこの行政書士さんおかしいな。」なんて思ったら、
まずはその方が本当に行政書士会に登録しているのか確認してみましょう。
もっとも良い方法としては行政書士会の会員はネットで全て検索することができます。
下記のページで検索しても出てこない方は行政書士ではない可能性があります。
そんな時はお手数ですが行政書士会にご連絡をよろしくお願いいたします。

日本行政書士会連合会 行政書士検索

ちなみに行政書士でない者が、依頼を受けて、報酬をもらって、
官公署に提出する書類を業務として作成することは法律違反です。
(※他の法律で定めのある場合は除きます。)

非行政書士

このような行為も違反となりますので依頼をする方も、
しっかりとした行政書士の方にお願いするようにして下さいね。

もちろん僕はしっかりと行政書士登録をさせて頂いております。
皆さんのお悩みをしっかりサポートさせて頂ける立場にありますのでご安心下さい。
今後もより良い行政書士、そして事務所になれるように努力していきます!!

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

プロフィール

クロスト行政書士事務所

Author:クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所は大阪市平野区喜連瓜破駅から徒歩7分の遺言書、遺産相続、生前契約、終息活動などの相続に関するサポート専門の行政書士事務所です。プロの専門家があなたの抱える問題を解決いたします!!

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。