スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政書士試験 ~その1~

皆さんこんにちは。
クロスト行政書士事務所の細谷です。

今回の話題は『行政書士試験 ~その1~』です。

まずは自己紹介もかねまして、
法律の知識など無い僕がなぜ行政書士試験に挑戦したのか!?
なぜ行政書士を目指したのかをご紹介いたします。


僕はフィリピンで会社を経営していたのですが、
妻が妊娠したのをきっかけに子供のことを考えて日本への帰国を決意しました。
会社を全て売って日本に帰ってきたわけですが、
日本での仕事や就職先などのことは何も考えずに帰ってきてしまいました。

帰国してから自分が何をしたいかを考えていましたが

・独立したい ・人と接したい

ということがいつも頭の中にありました。

自分で何かを作りだすことが好きでしたので、
独立したいという気持ちが強かったのだと思います。

そして人と接し、話をするのが大好きな僕です。
人と話をしたり聞いたりする仕事が良いと考えていました。

帰国してから1ヵ月ほどした時に目にしたのが「行政書士」という資格でした。
合格率は約10%程度と難関ですが、すぐに独立ができて人と接する仕事、
何よりも受験資格にほとんど制限がないというのが魅力でした。

そして半年の勉強期間を経て、その年の11月に試験を受けて、
1月の合格発表で『合格』の通知をもらいました。

こうして聞くと「半年勉強すれば受かるんだ!!」
と簡単に思う方も少なくないと思いますが…。
試験を受けてみた感想を正直に言うと、もの凄く難しかったです。
実際に僕も試験が終わった後、妻への第一声が

「ゴメン、、、落ちた。。。」

でした。

試験から数日後に模範回答が出て出自己採点をしてみると、
奇跡的にギリギリ合格範囲ということが分かりました。
それでも記述式という問題の採点が良ければ合格という結果になったので、
合格発表のある1月までの約2ヵ月間は生きた心地がしませんでした。

実際に僕が受けた平成24年度の行政書士試験の合格率は全国で9.19%でした。
つまり10人に1人合格するかしないかという合格率です。
この合格率を多いと考えるか、少ないと考えるかは皆さん次第ですが、
ある程度勉強したら受かるというような簡単な試験ならこんな数字にはなりません。

司法書士や弁護士を目指している人は別として、
「行政書士になりたい!!」と思って1から法律を勉強をされている方は
本気で難しい試験ですので頑張って下さい!!!!

行政書士試験の詳細は
一般財団法人行政書士研究センターのページをご覧下さい。

この難解と思われる行政書士試験にどのように挑んだのか!?

それは次回の『行政書士試験 ~その2~』をお楽しみに!!!!

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー

テーマ:行政書士試験 - ジャンル:就職・お仕事

プロフィール

クロスト行政書士事務所

Author:クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所は大阪市平野区喜連瓜破駅から徒歩7分の遺言書、遺産相続、生前契約、終息活動などの相続に関するサポート専門の行政書士事務所です。プロの専門家があなたの抱える問題を解決いたします!!

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。