スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育て世帯臨時特例給付金について

皆さん、こんにちは。
クロスト行政書士事務所の細谷です。

最近、気温もかなり暖かくなりお花見シーズンとなってきました。
そして花粉症のシーズンでもあります。
僕も毎日、鼻がムズムズしてクシャミをしまくっている今日この頃です。

さて、今回は「子育て世帯臨時特例給付金」についてのお知らせです。

これは「児童手当を受け取っている世帯」にとっては良いお知らせでして、
簡単に説明しますと

お住まいの役所で申請をすると、子ども1人あたり1万円が支給される

というものです。

厚生労働はホームページにて

平成26年4月から消費税率が8%へ引き上げられますが、
子育て世帯の影響を緩和し、
子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、
臨時的な給付措置として行うものです。

としています。

つまり、消費税が8%に上がるので、
お金のかかる子育て世帯へ現金を支給するというものです。

僕の家も1歳8か月になる子供がいますが、
やはりオムツやベビー用品などでお金がかかります。
たかが1万円と思われる方もいるかもしれませんが、
僕個人としてはとてもありがたいです。

しかし、厚生労働省ホームページを確認していくと

支給対象者は、原則として、基準日(平成26年1月1日)時点の
住所地の市町村(特別区を含む。)に対して、支給の申請を行います。
申請を受け付けた市町村は、児童手当の受給状況、
平成25年の所得、臨時福祉給付金の受給資格等について審査の上、
支給対象者に対して支給を行います。


となっています。

つまり「自分で役所に申請をしないとお金を受け取ることができない」ということです。

このように、現金支給されるというのは凄く珍しいことです。
是非、子育て世帯の皆さんは有効に活用して下さい。

↓↓↓↓詳細は厚生労働省ホームページを参考↓↓↓↓

子育て世帯臨時特例給付金のページへ

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

プロフィール

クロスト行政書士事務所

Author:クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所は大阪市平野区喜連瓜破駅から徒歩7分の遺言書、遺産相続、生前契約、終息活動などの相続に関するサポート専門の行政書士事務所です。プロの専門家があなたの抱える問題を解決いたします!!

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。