スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言書の種類

皆さん、こんにちは。クロスト行政書士事務所の細谷です。
今回は遺言書の種類に関してです。

遺言書には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」
の3種類があります。


<< 自筆証書遺言 >>

遺言を残す人が自ら全て自筆で作成する遺言書です。

・メリット
いつでも作成することができ、変更、破棄、保管も自由に行えます。
自分で作成するので特に費用もかかりません。

・デメリット
遺言書に不備、紛失、改ざんなどが発生する可能性が高くなります。
遺言書を見つけてもらえないこともあります。


<< 公正証書遺言 >>

公証人に作成してもらい、公証人役場に保管してもらう遺言書です。

・メリット
遺言書に不備もなく、保管が確実なのでもっとも安心できる遺言です。

・デメリット
作成時、変更に費用がかかります。
また、2名の証人が必要になります。


<< 秘密証書遺言 >>

内容を知られたくない時に作成する遺言書です。
※ 特別な事情がない限り、おすすめしておりません。

・メリット
誰にも内容を知られることなく遺言書が作成できます。
そして、遺言書の存在を明らかにすることができます。

・デメリット
遺言書に不備が発生する可能性があります。
また、保管は自らが行うので、紛失、改ざんなどの可能性があります。

以上の3つが基本的な遺言書になります。
当事務所のホームページでもご紹介しておりますので、
興味のある方は参考にしてみて下さい。

遺言書とはのページへ
遺言書とは


自分にどの遺言書が合っているのかは目的によって異なります。
当事務所では、どの遺言書を作成したら良いかなど、
無料でサポートさせて頂きますのでお気軽にご相談下さい。

皆さまからのお問い合わせに笑顔で対応させて頂きます。

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー


※注意点※
当ブログに掲載している内容は一例に過ぎず、
個々の状況により関係法令、対処方法は異なります。
ご不安な事やご不明な点は当事務所までお問い合わせ下さい。

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

自筆証書遺言の書き方

皆さん、こんにちは。
クロスト行政書士事務所の細谷です。

ふとブログを見返していると、
「遺言書は大切!!」と言っておきながら
遺言書の書き方についていっさい書いていないことに気がつきました。

ということで!!
遺言書の作成方法をご紹介いたします。

まずは遺言とは何かということですが、
遺言(ユイゴン、イゴン)と遺書(イショ)をごちゃ混ぜにしてしまうと混乱するので、
ここではこの2つの違いをはっきりさせておきたいと思います。

通常、遺書(イショ)というのは手紙と同じようなもので、
自分の思いを自由に文章にして残すものです。

では、遺言(ユイゴン、イゴン)とは何かと言いますと、
『遺言は法律に定める方式に従わなければ、することができない。(民法960条)』
ものです。

この「法律に定める方式」とは何かと言いますと、
『遺言は、自筆証書、公正証書又は秘密証書によってしなければならない。(民法967条)』
とあります。

今回はこの中で1番簡単に作成できる自筆証書についてお話します。

まずこの自筆証書遺言の方式は読んで字のごとく
「自」分で執「筆」する遺言です。

民法の規定でも
『自筆証書によって遺言をするには、
 遺言者が、その全文、日付及び氏名を自署し、これに印を押さなければならない。(民法968条)』
となっています。

それでは細かく注意点を含めてお話します。

「全文を自署しなければならない」
つまり、家族などに代筆してもらったものは無効となります。
パソコン等で書いたものもダメです。
他にもビデオや録音したものは遺言として認められません。

つまり、字が書けなくなってしまうと自筆証書での遺言はできなくなってしまいます。


「日付の記載」
これでよくあるのが、吉日というように記載がある場合です。
実はこの吉日という記載の場合、遺言として成り立ちません。

民法1023条に
『前の遺言が後の遺言と抵触擦るときは、
 その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。』
とあります。

ようは遺言は新しい遺言で、古い遺言を撤回、変更することができるということです。
これが吉日という場合にはどちらが先が後かが分かりません。

逆に〇〇の誕生日なんていう記載には日付が確定しますので成り立つということです。
それでも間違いなどを防止するためにも、しっかりと日付を書くことをお勧めします。


「氏名の記載」
この氏名の記載に関しましてですが、
遺言書いた人の意思をなるべく実現しようという観点から、
氏名の記載が不完全であった場合でも、必ずしも無効になるとは限りません。

しかし、後日の紛争に繋がる危険があります。
日付の記載と同様、しっかりと記載することをお勧めします。

「印鑑について」
最後に印鑑を押して遺言書のできあがりですが、
この印鑑はなんでも良いのでしょうか??

自筆証書遺言の場合、
民法上、押印が要求されているだけで、印の意義までは指定されていません。
なので認印、拇印でも有効とされています。

しかし、三文判などですと相続人間で本当に本人が押したものか争いになる場合があります。
このような争いを避けるためにも、可能な限り実印を使用することをお勧めします。


最後に遺言書の秘密保持、偽造、変造などの防止ため、
封筒に入れて密封することをお勧めしております。

民法1004条3項に
『封印のある遺言書は、
 家庭裁判所において相続人又はその代理人が立ち会わなければ、開封することができない。』
とされています。

この検認を経ないで遺言書を開封した場合には、
行政罰である5万円以下の過料となります。

なので封筒の表側に「遺言書」と記載をして、
裏側には「開封せずに家庭裁判所へ提出して下さい。」という記載をしておきましょう。


以上で自筆証書遺言が完成です。

注意点などに気を付ければ、誰でも簡単に作れそうですよね!!
しかし、気を付けなくてはいけないことが他にもあります。

曖昧な記載、遺留分の侵害が特に問題となるケースが多いです。
しっかりとした専門家に見てもらうことでこのようなトラブルを避けることができます。

しかし、遺言書の作成をイチからお願いするとそれなりに料金もしてしまいます。
そこで当事務所では遺言書のチェック、修正だけも行っております。

せっかく作成した遺言書が無効にならないように、
そして争いにならないようにサポートさせて頂きます。

遺言書のチェック、修正のページへ
遺言書のチェック、修正


いつでもお気軽にご相談下さい。

皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー


※注意点※
当ブログに掲載している内容は一例に過ぎず、
個々の状況により関係法令、対処方法は異なります。
ご不安な事やご不明な点は当事務所までお問い合わせ下さい。

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

夫婦でする遺言書

皆さん、こんにちは。
クロスト行政書士事務所の細谷です。

今回は遺言書についてお話したいと思います。
特にお子さんがいらっしゃらないご夫婦の方にオススメの遺言書です。

遺言書には色々な使い方、そして効力があります。
その中でもかなり効果的に使用できる場面があります。
それがこの『お子さんがいらっしゃらないご夫婦』の場合です。

相続は遺言書が無い場合には法律で決められた方法で分割されます。
妻や夫がいる場合、まず妻や夫に財産が与えられます。
そして
・お子さんがいる場合にはお子さんに財産の2分の1
・お子さんがいなくご両親がいる場合には財産の3分の1
・お子さん、ご両親もいなく兄弟姉妹がいる場合には4分の1
という具合に分けなくてはなりません。

この財産の分割がお子さん、ご両親の場合には特に問題が無いことが多いのですが、
兄弟姉妹の場合にはよく問題となります。

<例>
仲良く自分達で購入した家に暮らしているご夫婦がいらっしゃいました。
特に裕福という訳ではありませんでしたが、
お子さんもおらず、家もあるのでのんびりとした生活をおくっていました。

そんな生活をしていたある日、不慮の事故で旦那さんが亡くなってしまったのです。
もちろん奥さんは悲しみに涙しましたが…。
ここから追い打ちをかけるように悲しい出来事が起こりました。
夫の兄が「相続分をよこせ!!」と言ってきたのです。

旦那さんのご両親はすでに亡くなっており、夫の親族は兄の一人です。
この場合、遺言書が無かったので相続の分割はというと、
・妻へ財産の4分の3 ・兄へ財産の4分の1
ということになります。

こうして何分の何という数字だけを見てしまうと、
「なんだ、4分の1だけ兄にあげればいいんでしょ??」
と思う方も多いと思いますが、財産が不動産だけだとこれが大変です。

<例>
相続財産が不動産のみの場合
・土地:1500万円
・建物:500万円
だったとすると合計財産は2000万円になります。
この4分の1を兄に渡さなければいけません。
つまり500万円分を兄に渡すことになります。

こんな時に「分かりました!!」と渡す現金があれば良いのですが、
不動産のみの財産だった場合にはこれがどうしようもないことがあります。
コツコツと老後の為に貯めた資金を渡せば暮らすこともできなくなります。

このような事で今まで夫婦で仲良く暮らしてきた家を売り、
そのお金を兄の相続分として渡さなくてはならず、
奥さんは賃貸アパートに引っ越して暮らしているということがあります。

では!!これをどうやって防ぐことができたのでしょうか??
それは「遺言書を書くこと!!」です。
夫が妻に、妻が夫に「財産は全て夫(妻)に譲る」と書いておけば良かったのです。
これだけで兄の取り分は無くなり、このような悲しいことにはなりませんでした。

もちろん遺言書だけでは解決できない場合も多いですが、
遺言書は有効に利用すればかなり効果的です。
逆に遺言書を書かないと例のように大変なことになる場合も少なくありません。

遺言書 = 縁起が悪い、考えたくない、話に出したくない

という考えだけでなく、
核家族が増え、親族間でのやり取りが少なくなってきた現代だからこそ!!
この遺言書を有効に活用していくことが必要だと考えています。

上記は一例でして、全てがこのように遺言書だけで解決できるものではありません。
遺言書も法律の規定に沿って書かなければ無効になる場合もあります。
分からないことや不安なことがありましたら是非ご相談下さい。

クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所バナー


※注意点※
当ブログに掲載している内容は一例に過ぎず、
個々の状況により関係法令、対処方法は異なります。
ご不安な事やご不明な点は当事務所までお問い合わせ下さい。

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

プロフィール

クロスト行政書士事務所

Author:クロスト行政書士事務所
クロスト行政書士事務所は大阪市平野区喜連瓜破駅から徒歩7分の遺言書、遺産相続、生前契約、終息活動などの相続に関するサポート専門の行政書士事務所です。プロの専門家があなたの抱える問題を解決いたします!!

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。